福岡県内で医学部を目指すなら予備校選びが大切だと感じました

予備校の選び方がベストであったかどうか

たまに行われる親との面談でも、塾側からはこのまま気を引き締めて学んでいきましょうと励ましのお言葉をいただいていましたのでずっと信頼を寄せていました。
受験に失敗したのを決して塾のせいにするつもりはありません。
しかし塾の選び方がベストであったかどうかと聞かれれば、きっと私の塾選びは間違っていたのだと思いました。
良い塾ではあったと思いますが、息子自身を見てくれて息子に合ったベストな勉強方法を指導していただきたかったと今になって感じています。
また、国立医学部と言う難関ですからその攻略方法も指導していただけるところを探すことにしたのです。
まず私が行った事はインターネットを利用してできるだけ数多くの情報を集めました。
今更ですが、少し通学時間が増える程度で通える範囲内に予備校がたくさんあることを初めて知ったのです。
その中から単なる予備校ではなく、医学部進学に力を入れているところを重点的に調べあげたのです。
するとある程度候補が絞られてきました。
具体的な学校名が限られてきますと今度は実際に利用して受験に合格した方々の体験談や感想をたくさん読みました。
そのような体験談はお子様であったり親御様目線であったりと、検索すればいろいろ読むことができました。
集団で学んだり個別で指導していただけたりと学ぶスタイルも様々ですからとても参考になりました。

有名国立の医学部を受験しましたが予備校の選び方がベストであったかどうか医学部予備校に特化した比較サイトも利用した